憧れた人がいた会社です。

Staff Interview遠藤純一

なぜドライバーという仕事を選んだのですか?

父がドライバーだったという影響もあると思うのですが、子供の頃からレースを見に連れてってもらったりして、自然と車が好きになりました。ただ、はじめは別で興味があった寿司職人を志して、5年ほどやってました。もちろん魚も捌けますし、握ることもできます。ドライバーとしては異色の経歴と言えるかもしれません。ただ、魚の配送で来るドライバーさんやドライバーをやっている友達の話などを聞いて、やっぱりやりたいなと考えるようになりました。ちょうどその頃、知人がノバにいて、誘ってくれたのをキッカケに入社しました。はじめはスケジュールどおりに配送することができず心が折れそうになりました。ただ、ノバには社歴が10年を超えるベテランの方も多いので、その方々のフォローもあり1ヶ月から2ヶ月ほどで慣れて、独り立ちできるようになりました。

なぜドライバーという仕事を選んだのですか?
img interview

現在はどのように
お仕事をされていますか?

主にファーストフード店向けの配送を担当しています。都内の場合、駐車スペースの確保に失敗すると、店舗まで遠くなったりして納品が大変になることもありますが、顔なじみになった店員さんに「ありがとう」とか「ごくろうさま」とか言われると、単純にうれしいですね。また、「これ食べなよ」とその店舗で販売している商品をもらったりすると、なおさらやる気がでますね。プライベートでもよく通っているお店なので。ノバは稼ぎたい人を応援するみたいな空気があると思うので、そういった点でも満足しています。

仕事をするうえで心がけていることはありますか?